HOME>オススメ情報>いつまでの健康な歯を残したいなら歯医者へゴー!

いつまでの健康な歯を残したいなら歯医者へゴー!

診察室

歯医者での治療が歯の健康維持に繋がる

「8020運動」とは、80歳になっても自分の歯を20本以上保つことを目標として平成元年に制定されたこのスローガンですが、皆様はこの言葉を意識して日々の生活を送っているでしょうか。個人のライフスタイルや食生活が多様化した現代社会において「歯の健康」に今一度目を向けてみてはいかがでしょう。たとえ細かいことでも歯について心配事があれば、一度歯医者さんに診てもらうのが一番です。専門家によるしっかりとした予防・治療こそが、一生のパートナーである歯の健康維持につながるのです。

起こりやすい歯のトラブル

歯ブラシ

むし歯

歯をしっかり磨いているつもりでも、正しい磨き方が出来ていないためにむし歯となる方がいます。歯医者さんでまずは正しい歯の磨き方を身に付けてみましょう。

歯周病

日本人に多いと言われている歯周病。歯磨きの際の出血や歯茎の腫れなどが続く場合は、一度歯科を受診してみましょう。予防・治療をすることが歯周病の進行を食い止めることに繋がります。

知覚過敏

虫歯や歯茎の炎症はないけれど歯が痛む。そのような場合は知覚過敏の可能性があります。細かい症状でもまずは一度歯医者さんに相談してみましょう。

歯の変色

美容の一環として気にする方が多いのが「歯の色」です。白く美しい歯を保つための歯磨きはもちろん、変色した歯を白く戻す「ホワイトニング」も歯科で行えます。

口臭

一見「歯」とは関係のないことに見えますが、歯磨きにより除去しきれなかった食べ残しが口臭の原因となります。歯科でしっかりとした歯磨きを身に付けましょう。

広告募集中